日本最初の保育園

日本で初めての保育所は、明治4年(1871年)にアメリカ人宣教師によって、横浜にできたと言われています(そこには日本人も入れたようです)が、日本人による最初の保育所は、なんと新潟市にある「赤沢保育園」さんです。

明治23年(1890年)に「静修女学院附設託児所」として開設され、今年で130回目の創立記念日を迎えました。

東京で初めて保育所ができたのは、明治35年ということなので、その12年も前に新潟では保育所があったなんてすごいことです。(もっとみんなに知ってほしいです!)

現在、「赤沢保育園」さんは、園舎の建て替えで近くの「旧豊照小学校」が仮園舎となっています。

そんな歴史のある保育園の前に、売地が出ました。→ 東湊町通売地

この保育園をはじめ、周りには海運の歴史を刻んだ旧税関や新潟町屋の特徴を残す小沢邸など新潟の歴史が色濃く残っています。

歴史のある町なので古い家も多いですが、人気の「しもまち」に住みたいという人達の新しい家も増えています。新しい家を建てて、新しい園舎の歴史ある保育園に通うのも素敵です。

 

 

 

 

 


新潟県庁の光の色

 

5月13日より夜になると新潟県庁の最上階がブルーにライトアップされていました。

 

これは、医療関係者をはじめとした新型コロナウイルス感染症への対応にあたっている全ての方々への謝意を表す青い光でした。

ところが、7月に入ると新潟でも徐々に感染者が増え、7月31日には1日に8人の感染者が出ました。

そして、新潟県には注意報が発令されてしまいました。

 

 

すると、新潟県庁のブルーが黄色になったのです。

注意喚起の黄色になったんですね。

誰もが感染したくてなるのではないけれど、何事も用心は必要です。

どこへ行っても体温測定や消毒にマスク…

こうなってみると普通の生活がどんなに良かったのかが、しみじみ思い出されます。

でも、「ぺこぱ」のように「時は戻せない」ので新しい生活様式に慣れるしかないのです。

この県庁の光が赤にならないように、マスクと手洗いは忘れないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


こんなお店、他にないよ~

先日、弊社でお世話した店舗がオープンしました。

アウトレットペット用品を扱っているお店です。

名前は「ティーア」さん。場所は東区東中野山7-15-5-5で、清水フード東中野山店さんの並び。前はファミリーマートがあったところです。

ペット用品のアウトレットってあまり聞かないですよね。箱の破損や期限間近なものや展示品や廃盤商品を扱って いるお店なんです。

私も行ってみました!

確かに期限間近でしたが、とにかく安い!

猫ちゃん、ワンちゃん、ペットを飼っている人は、一度行ってみて下さい。

(ほんのちょっと期限切れのものは無料でいただけました

ペットフードだけではなく、猫じゃらしやワンちゃんの遊び道具もありました。他のペットのごはんもありますよ~

ペットを飼っている人は、必見ですよ