作成者別アーカイブ: KOKEN

消雪パイプ

 

新潟県内(新潟市にはない?)では当たり前のようによく見かける、消雪パイプ

この消雪パイプの発案者が、長岡の人だったって知っていますか?

しかも、その人は「元祖 浪花屋の柿の種~♪」でおなじみの浪花屋製菓の創業者の今井與三郎氏らしいのです・・・

 

ウキペディアによると、

周囲には雪が積もっているのに、地下水の滲みだしている所にだけ雪がないことに目をつけ、        昭和30年代に考案したという。昭和36年に実現し、昭和38年の「38(サンパチ)豪雪」では3m          18cmの積雪を記録した際に、長岡市は完全に雪の中に閉ざされたが、消雪パイプを設置した          道路だけはアスファルト路面が現れたままで、その絶大な効果に誰もが驚いたという。

また、「な!ナガオカ」様のホームページによると、

昭和39年に今井氏は消雪パイプの実用新案権を登録するが、翌年「消雪施設の改良と研究のために」とその権利を長岡市に無償譲渡し、長岡市も昭和44年に一般公開し、この画期的な仕組みは全国の雪国へ広がっていったのです。

今井氏は「柿の種」も生みの親でありながら、商標をとらなかったため、多数のメーカーで作られ、全国区の米菓となりました。

なんと太っ腹な方なんでしょう! こんな素晴らしい先人知恵のおかげで、この前のような大雪の時も助かっています。

そんな今井さん考案の消雪パイプが目の前の道路に入っている、広い売地がでました。

雪が降っても安心ですよ~

情報はこちらから → 燕市三王渕 売地

 

 

先日、日中も寒くて道路がツルツルの日には、会社の前の植木にもこんなつららができました。

植物につららなんて、生まれて初めて見ました

 

 

 

 

 

 

 


今年もありがとうございました

コロナに振り回された2020年も、あとわずかとなりました。

夜の県庁の明かりも12月17日から、今までの黄色(注意)が赤(警戒)に変わりました。生活様式がこんなに変わるなんて、1年前は全く思っていませんでした。

「♪何でもないようなことが幸せだったと思う・・・」昔流行った歌をしみじみ感じる。ってこの前行った美容院の隣のお客さんが言っていました。

来年はどんな年になるのか? まだわかりませんが、今できること「マスク、手洗い、人との距離をとる、人込みに行かない・・・」を実践して、感染しない・させないをがんばるしかないですよね。(個人的には来年嵐の曲を聴けないのが一番つらいのですが・・・)

弊社は12月28日の午後から1月5日まで年末年始のお休みとさせていただきます。

来年もよろしくお願い申し上げます。

 


コンパクトで使いやすい家 ‼

 

海の近くの売家が出ました。場所は新潟市中央区四ツ屋町です。

海の近くなのに高台で、1階でも景色が良く、さえぎるものがない明るい家です。

 

西海岸公園が徒歩1分くらいなので、毎日景色の変わる夕日を見ながらのお散歩も楽しそうです。

 

土地も建物も小さいですが、玄関横(自転車も置けます)や庭にも物置があるし、天袋付きの押し入れなど収納がたっぷり!

サンルームもあるので、天気が悪くても洗濯物を干すのも心配なし。お部屋の中に干して狭くなることもありません。

全ての部屋には、畳のほかにタンス置き場(板の間)がついていて、部屋が広く使えます。

ひとりや少人数で住むなら、ちょうどいい感じ。

3年前にお風呂をリフォームしているから、とってもきれいでしょ♪ 窓がついているから、明るいし換気もいいし・・・

トイレも自動開閉付ウォシュレットに手洗いもついています。トイレにも窓、ありますよ。

 

その上所有者の方が、きれいに大事に住んでいるので、大幅なリフォームは必要なし。すぐに住めそう♬

ただひとつのマイナスポイントは駐車場がないこと

でも、安心してください。すぐ近くで借りられます。

お客様が来ても、すぐ近くの西海岸公園駐車場があるので大丈夫です。

 

コンパクトで便利な家をお探しの方、詳しくはこちらから → 四ツ屋町売家