日本最初の保育園

日本で初めての保育所は、明治4年(1871年)にアメリカ人宣教師によって、横浜にできたと言われています(そこには日本人も入れたようです)が、日本人による最初の保育所は、なんと新潟市にある「赤沢保育園」さんです。

明治23年(1890年)に「静修女学院附設託児所」として開設され、今年で130回目の創立記念日を迎えました。

東京で初めて保育所ができたのは、明治35年ということなので、その12年も前に新潟では保育所があったなんてすごいことです。(もっとみんなに知ってほしいです!)

現在、「赤沢保育園」さんは、園舎の建て替えで近くの「旧豊照小学校」が仮園舎となっています。

そんな歴史のある保育園の前に、売地が出ました。→ 東湊町通売地

この保育園をはじめ、周りには海運の歴史を刻んだ旧税関や新潟町屋の特徴を残す小沢邸など新潟の歴史が色濃く残っています。

歴史のある町なので古い家も多いですが、人気の「しもまち」に住みたいという人達の新しい家も増えています。新しい家を建てて、新しい園舎の歴史ある保育園に通うのも素敵です。